アズディン・ブーホーコミュニティ代表

スクリーンショット 2020-03-29 at 3.21.51 PM
専門分野
社会がどのように定義し、創造し、富を分配するかを民主化することを使命とし、エール大学とスタンフォード大学で訓練を受けた社会運動ビルダー。
教育
  • エラスムス大学ロッテルダム経営大学院MBA
  • デンマーク工科大学工学部卒
  • エラスムス大学ロッテルダム経営大学院MBA

私の使命は、誰でも、どこでも、自分の可能性を最大限に発揮する機会を持てる世界を構築することです。イェール大学(政治学の学士号)を卒業した後、私はウォール街での投資銀行の仕事を断って、地域に根ざしたウェルネスの実践であるウェルウィンを立ち上げました。コーチングが好きだったのですが、規模的に持続的なソーシャルワークを生み出すことの難しさに苛立ちを感じていました。より多くの人に影響を与えるために、ブリッジスパンという非営利/NGOのコンサルティング会社に入社し、慈善家やNGOと協力して、アメリカ全土のコミュニティで教育や労働力開発のために何億ドルもの資金を投入しました。

ブリッジスパンでの経験から、人々に平等な機会を提供するためには、世界のために良いことをしながら経済的に繁栄することはできないという根強い神話を打ち砕く必要があると確信しました。スタンフォード大学のビジネススクールに入学した後、私は暗号通貨を使って人々が善行をしてお金を稼ぐ方法に夢中になり、それによって「富」の意味を再定義するようになりました。これを実現するにはどうすればいいのかを考えるために、私はスタンフォード・ブロックチェーン・コレクティブ(Stanford Blockchain Collective)を共同設立しました。また、私はCrypto 101ワークショップを教えるようになり、人々の生活を変えるためにクリプトカレンシーをどのように使うことができるのかを学ぶことができるようになりました。